活性酸素分解酵素の含有量

 

ルイボスティーを飲んで考えてみましょう。

活性酸素を分解(除去)することを!

活性酸素を分解(除去)するSOD ルイボスティーにはその含有量が驚異的です!

 

ルイボスティーの1番の栄養分の特徴は、SOD(活性酸素分解酵素)の含有量です。

その活性酸素分解(除去)酵素量は、130,000unit/g

※1g中に130,000個の成分

驚異的な含有量にあります。

最上級クラスの活性酸素分解(除去)酵素の含有量でも110,000unit/gですから、

それを大きく上回るSOD(活性酸素分解(除去)酵素)の含有量です。

 

 

では、このSOD(活性酸素分解(除去)酵素)とはいったいどのような成分なのでしょうか?

通常、酸素分子に8つ付いている電子が、何らかの原因で崩れることにより「活性酸素」となります。

この活性酸素は大きく4種類に分かれ、体に害を及ぼす大変な厄介者です。この活性酸素には、

  ① スーパーオキサイドアニオンラジカル

  ② 一重項酸素

  ③ 過酸化水素

  ④ハイドロキシラジカル

4種類があります。活性酸素が「体に大変な害を及ぼす」と聞くと、活性酸素なんて取り込みたくはないですね。

 

 

しかし通常の呼吸で、取り込んだ酸素の約3パーセントが、活性酸素になっています。

私たちは酸素を吸って生きていく以上、体内で活性酸素が発生することを止めることは出来ません。

 

ただ人間の体はすごいいんです、この活性酸素の攻撃から細胞を守る物質(抗酸化物質)が備わってます。

 

がしかし、その活動力は、年齢と共に徐々に失われていきます。(個人差によりますが40歳を境に)

年を重ねると、活性酸素の攻撃から体を守ることが出来なくなり、徐々に体内に「活性酸素」が蓄積され、

私たちの細胞がどんどん酸化されていきます。

 

 

「動脈硬化」「脳梗塞」「心筋梗塞」などの原因も活性酸素なります。

200以上もの病気が「活性酸素」と深い関わりがあると言われているぐらいです。

 

 

また、人間の死因のなかで1番多い「ガン」について、

私たちの体の遺伝子には細胞が癌(ガン)をくい止めるための「制癌(ガン)遺伝子」があります。

 

しかし、活性酸素により遺伝子内の「制癌(ガン)遺伝子」が破壊され、癌(ガン)をくい止めることが出来ず、

細胞の癌(ガン)化が始まっていくのです。

そして長期間活性酸素による攻撃を受けると、癌(ガン)の発生する確率が高くなります。

 

※癌(ガン)の発生ついて、90%の原因が「活性酸素」残り10%は「ウイルス」といわれています。

 

要するにこの「活性酸素」を分解することが出来る体を作ることです。

 

年々減っていく、活性酸素から守ってくれる「SOD(抗酸化作用)」を体内に取り込み、負けない体にすること、

体を強くすることしかありません。

 

そのための「ルイボスティー」なのです。

 

説明しましたが、

このルイボスティーには活性酸素分解酵素の含有量が130,000unit/gと最上級クラス中でトップレベルです。

 

この「スーパールイボスティー」で、活性酸素を分解し健康で病気に負けない体作りをしていきましょう。

 

TOPへ